• ホーム
  • 安い価格で手に入るクラミジア検査キットは正しい判定ができるの?

安い価格で手に入るクラミジア検査キットは正しい判定ができるの?

病院に行かずにクラミジアに感染しているかどうかを調べたい場合に、市販のクラミジア検査キットを使用する方法があります。検査キットを操作して自分で試料を採取すれば、自宅に居ながら病原体に感染しているかどうかを調べることができます。検査項目や種類にもよりますが、数千円程度の安い費用で簡易的に性感染症をチェックすることが可能です。クラミジア検査キットは通販サイトで販売されていますが、販売元や検査方法の点で2種類に分けることができます。

大手通販サイトで購入できるクラミジア検査キットは、国内の会社が販売している製品です。検体を採取して専用の容器に封入したら、検査機関に郵送で送付して調べてもらいます。数日後に検査結果が判明し、ネット上の専用ページで確認できます。国内の会社が販売する検査キットは、日本の厚生労働省に承認されています。説明書にしたがってきちんと操作をすれば正しい検査結果が得られますが、結果が判明するまで数日~1週間ほど待たなければなりません。

海外で販売されているクラミジア検査キットは日本では承認されていませんが、個人輸入する方法で入手することが可能です。海外で販売されている検査キットには検体を採取する器具と一緒に検査試薬が付いているので、自分で試薬の反応を見て感染の有無を調べることができます。国内向けに販売されている製品と比べると操作方法が複雑ですが、すぐに結果を知ることができるというメリットがあります。

海外で販売されている検査キットは日本で薬事承認されていないため、品質が保証されていないというデメリットがあります。世界的に信用されている有名メーカーの製品であれば高精度で感染の有無を調べることができますが、精度の低い粗悪品も販売されています。海外製の安いクラミジア検査キットを購入する場合には、ネット上の口コミ情報などを参考にして信頼ができるメーカーの製品であることを確認することが大切です。

クラミジア検査キットを利用すれば、病院やクリニックを利用するよりも安い費用で感染の有無を調べることができます。厚生労働省に承認された国内メーカーの製品であれば、精度点では問題はありません。海外製の試薬付きの検査キットを購入する場合は、メーカーの信頼性や製品が偽物でないことを確認するようにしましょう。

クラミジア検査キットでも感染の有無をチェックすることができますが、これらは簡易的に調べるためのものです。もしも陽性反応が出た場合は、病院やクリニックで精密な検査を受けてから治療をするようにしましょう。

関連記事
ジスロマックは用途によって正しい使い方が異なる!目的別の服用方法 2020年06月14日

内服薬タイプの抗菌薬(抗生物質)の使用方法として、毎日決められた量の錠剤を治療期間が終わるまで飲み続ける方法が一般的です。例えばクラビットであれば、治療期間(10日~2週間)にわたり1回1錠を毎日同じ時間に飲み続ける必要があります。病原体の種類や症状によって飲む量を増減しますが、多くの抗菌薬は病原体...

ジスロマックは服用する時間を守って飲むことで最大限の効果を発揮する 2020年05月08日

ジスロマックは性器クラミジアに対して高い治療効果を持つ抗菌薬で、初期症状の段階で服用すると9割の人が完治します。十分な治療効果が得られるようにするためには、薬を服用する時間(タイミング)に注意を払う必要があります。ジスロマックの有効成分はアジスロマイシンで、薬を飲むと消化管から吸収されて血中濃度が上...

クラミジアを自宅で治したい・病院に行く時間が無い人は治療薬を通販で個人輸入! 2019年12月25日

病院や性病クリニックで初期の性器クラミジア感染症と診断されると、治療薬が処方されます。重症化していなければ、ほとんどの場合は処方された治療薬(抗菌薬)を飲むだけで病気を完治させることができます。性器クラミジアの治療に効果のある治療薬(抗菌薬)はいくつかの種類がありますが、マクロライド系抗生物質が有効...

クラミジア・淋菌などの性感染症治療薬「アジー」の正しい飲み方 2020年03月31日

病院やクリニックで性器クラミジアを治療する際に、ジスロマックが第一選択薬として処方されます。ネット通販を利用して個人で薬を購入してクラミジアや淋菌感染症を治療する場合には、ジェネリック医薬品のアジーを選択する人が多いです。アジーはジスロマックと同じ種類の有効成分が含まれた治療薬で、服用方法・治療効果...

クラミジアは繁殖力が強い!再発を防ぐには徹底的な服薬治療&医師による再検査がおすすめ 2020年01月27日

クラミジア・トラコマチスは細菌ですが、細胞の大きさは大きめのウイルスと同じくらいで非常に小さいという特徴を持ちます。この細菌は粘膜の細胞内でしか増殖することができず、他の細菌のように血液や体液中では増殖をしたり、生存し続けることができません。クラミジアの病原体は宿主(ヒトの粘膜)から離れると短時間で...